2004 . 02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2004 . 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某所で卒業式の話が話題になってた。
"囲まれて蹲って泣いた"て話は嘘だよね・・・。
だってあの時貴方はただただすごい怒ってたもの。

昨日たまたま昔のインタビューを読んだ。
「普段は俺、声が小さいから」
・・・やっぱりあの時言われたのかな。
やっぱりあの時、あたしたちには聞こえなかっただけで
あたし達に向かって言われたのかな。
     「関係ないでしょ」
うん、関係ないのは重々承知しています。
でもね、信じてほしいの。
あの日は貴方を祝いに行ったんじゃないってことを。
何を言っても信じてくれはしないと思うけど、
それでもできれば信じてほしい。
あの日は本当に純粋にNちゃんとSママに
お花を渡しに伺っただけだったって事を。
確かに一目見れるものなら見たいかな、ぐらいには思ってた。
だけど貴方を困らす気なんて・・・
貴方を不快にさせる気なんて・・・
貴方を怒らせる気なんて・・・そんなの1?もなかったよ。
だって貴方がインタビューですんごく楽しそうに、
学校の事、友達の事、家族の事、話してるの大好きだったから。
あの時あたしが機転を利かせてあの場からすぐ去ればよかったね。
あたしにはあの時ただただあの場に立ち竦む事しか出来なくて
ただただ花束の影に隠れる事しか出来なかった。
帰りの時だってすぐ帰ればよかったんだよね。
チャンスはいくらでもあった。
・・・あたし本当にバカみたい。
誰のせいでもない、あたしが悪いんだよね。


彼女達の事も・・・あたしが黙ってたのがいけなかったのかな。
多分もう普通には付き合っていけないかもしれない。
ふっとした瞬間に「もしかして機嫌伺われてる?!」て絶対考えると思うもの
そんなん嫌なのに。
あたしなんて何も出来ないやつなのに。
やだよ・・・もう嫌だ。
どうしよう。
・・・何回言ってもたりない。


どうしようね。
スポンサーサイト

出来れば2度とあの目は見たくない。
出来れば2度とあの目で見て欲しくない。
DVD見ただけで震えが止まらなかった
・・・こんなに大きかったんだね、あなたの存在。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。